忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/18 08:05 】 |
東野圭吾 夜明けの街での感想と口コミ

東野圭吾 夜明けの街で


東野圭吾さんの 夜明けの街で という本を読みましたが、東野圭吾さんらしさがない本かな?という印象でした。
 

本のページ数は多いものの、ほとんどが不倫相手との過ごし方についてで、事件の話は少ししか出てこず、なにかワクワクする話も出てこない状態です。
 

最後の方に少し事件について触れているものの、ひねりとか劇的な展開がめまぐるしくやってくることもなくあっさりとストレートに結末に向かうものでした。
 

東野圭吾さんの疑問の多いストーリーとか、ドキドキ感だとかそういうのは薄く、ごく一般的なミステリー本で東野圭吾さんの本の中ではややイマイチかなという感じです。


 


毎回本の展開を変えなければいけないとのことでこの形になったのか。


最近書いたストーリーではあるものの、微妙でした。

やはり昔の若い頃の頭の方が冴えていたのでしょうか。

不倫とか恋愛の話が好きな方はそこそこおもしろいと感じられるかもしれません。

PR
【2011/07/14 13:35 】 | 夜明けの街で | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
| ホーム |